@niftyトップ

  1. @nifty メール
  2. よくある質問

よくある質問

  • なりすまし・偽装メール対策について
  • @niftyのメールアドレスで送信されるメールに対して、「SPF(Sender Policy Framework)」と「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」を適用し、メールアドレスのなりすまし防止に努めています。

    また、@niftyのメールアドレスに受信するメールに対して、「Authentication-Results」ヘッダーを付与し、なりすまし・偽装メールの受信防止に着手しています。



    【送信ドメイン認証とは】

    送信されたメールの身元を検証するため、ドメイン名の部分での認証を行うことです。

    @niftyでは、お客様から送信される@niftyメールに「SPF(Sender Policy Framework)」によるIPアドレスに基づく認証方式および「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」による電子署名方式を適用し、送信元の証明を行っています。

    また、お客様が受信される@niftyメールに「Authentication-Results」ヘッダーを付与し、届いたメールが正当なメールなのか、なりすまし・偽装メールなのかを判定しています。

    SPF(Sender Policy Framework)
    あらかじめDNSサーバーにメールを送信するサーバーの情報を登録しておき、受信した側が受信したメールの送信元とDNSサーバーの登録情報を照合する認証方式。

    DKIM(DomainKeys Identified Mail)
    送信者が送信サーバーにある秘密鍵を使ってメッセージの電子署名を付与し、受信者はDNSサーバーから送信者ドメインの公開鍵を取得し、電子署名を照合する認証方式。