よくある質問

  • Webメールでアドレスブックへのインポート方法は?
  • CSV形式、もしくはテキスト形式のデータをアドレスブックにインポートすることができます。
    ご利用になっているメールソフトやアプリケーションなどの、「エクスポート」機能を利用してインポートファイルを作成すると便利です。

    • 1 @niftyにログインし、アドレスブック画面を表示します。
      左上にある「アドレスブック」をクリックしてください。



    • 2 ツール > インポートをクリックし、アドレスブックのインポート画面を表示します。



      参照ボタンをクリックし、ファイルを選択してください。グループ分けを行なう場合には、グループを指定することが可能です。



    • 3インポートする項目を指定します。



      名前とメールアドレスをインポート項目として必ず指定して、OKボタンをクリックします。
      ※同じ項目を重複して選択することはできません。



      インポートされたメールアドレスが一覧で表示されて完了です。

      ※登録に失敗した場合は、「以下のデータは追加できませんでした。」と表示され、失敗したデータが表示されます。
      ※Outlook Expressからエクスポートしたデータなどは、1行目が項目名となっており、必ず1件のデータ登録に失敗します。

    インポート時の注意事項
    • インポートを行っているとき、若干時間がかかる場合があります。
    • 途中でブラウザを閉じてしまったり、ブラウザの「中止」をクリックしてしまうと、正しくインポートできない場合がありますのでご注意ください。
    • 名前が、半角64文字を越えている場合には、インポートできません。
    • 半角・全角スペースのみのアドレスはインポートできません。
    • メールアドレスが、半角の英数字で128文字を越えている場合には、インポートできません。
    • 「メールアドレス」は、@マークを含むメールアドレスの形式であることが必要です。
    • 半角200文字を越えている場合には、メモにインポートできません。
    • アドレスの登録数が 999件を越えている場合には、インポートできません。
    • すでに同じメールアドレスが登録されている場合には、インポートできません
    • CSV形式、もしくはテキスト形式以外のデータの場合、インポートできない可能性があります。
    • カンマで区切られたデータを1項目として扱い、改行でひとつのアドレス情報として認識します。
    • メモとして選択した項目の中にタブが含まれている場合は、「改行」として認識します。
    • 拡張子が大文字の場合、エラーとなることがあります。小文字に直して、再度お試しください。(例:×.CSV→○.csv)